哲学、思想の本

イマヌエル・カント「永遠平和のために」【イズミの書評#53】

要約の前に 「平和」とは、世界においてどのような状 […]

コメントなし

ショウペンハウエル「読書について」【イズミの書評#52】

「学ぶ」ということについて さあみなさん、哲学の時 […]

コメントなし

内村鑑三「後世への最大遺物」【イズミの書評#27】

後世に私たちは、何を残すか 我々はいつか死ぬ。私も […]

コメントなし

マルクス・エンゲルス「共産党宣言」【イズミの書評#50】

マルクス&エンゲルス裏話 本日の書評は、第50回と […]

コメントなし

吉野源三郎「君たちはどう生きるか」【イズミの書評#22】

美しき理想主義 「君たちはどう生きるか」は、今から […]

コメントなし

坂口安吾「堕落論/続堕落論」【イズミの書評#40】

人間は生き、人間は堕ちる。 人間、高尚に生きられれ […]

コメントなし

ルネ・デカルト「方法序説」【イズミの書評#31】

真理を解明するということ こういう類の本は題名だけ […]

コメントなし

ジャン=ジャック・ルソー「社会契約論」【イズミの書評#11】

思想のすゝめ 思想、とくに「ルソー」だの、「社会契 […]

コメントなし